スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1RCGP第2戦上林選手レポ

2012年のF1RCGP第2戦 ヤタベアリーナへ参加してきました。


今回のレースは山下選手、上林、日比野選手での参加予定でしたが
山下選手がインフルエンザのため欠場となってしまいました。

前日練習
日比野選手と各部のテストをしてリヤサスペンションプレートはハード
を選択、フロントスプリングは少し固めの方が安定したので0.5mmを
選択しました。


レース当日

朝7時のゲートオープンにあわせてコースに到着、準備を始めますがこの時点の
コースサイドの気温はマイナス2度位と非常に寒かったです。
練習走行でタイヤの慣らしと車のチェックをしました。

集合写真撮影、ドライバーズミーティングの後、予選がスタートしました。

今回は、スケールクラス5名、F1クラス18名、
グランプリクラス14名で行われました。

予選1回目
グランプリクラスは2ヒートあり、1ヒート目での出走でした。
このヒートはモーターのセンサートラブルによりリタイヤとなってしまいました。

1回目終了時の順位は1位は森田選手、2位加藤選手、3位橋本選手となりました。
上林は14位、日比野選手9位でした。


予選2回目
1回目終了後、引き続き2回目がスタートしました。

2回目はトラブル無く、無事に完走することができヒート3位でした。
日比野選手も4秒くらいタイムアップしました。
2回目終了時の順位は1位は加藤選手、2位森田選手、3位黒田選手となりました。
上林は6位、日比野選手11位でした。

予選3回目
少しでもスタートグリッドを上げたかったのですが、中盤でミスをしてしまい
タイムアップすることができませんでした。
日比野選手もタイムアップできず、惜しくも11位となってしまいました。


予選結果は、1位加藤選手、2位森田選手、3位黒田選手、4位橋本選手、5位多田
選手、6位上林、7位斉藤選手、8位土岐選手、9位中谷選手、10位福島選手となり
ました。

決勝
いいスタートがきれ1周目は1つ順位を上げて5位になりました。
その後、4位に上がることができ、前方の接触により3位まで上がる事ができました。
前方2台には離されてしまったので何とか3位はキープしたかったのですが、
最終ラップで森田選手に逆転されてしまい結果は4位ゴールとなりました。

優勝は加藤選手、2位に黒田選手、3位森田選手という結果でした。

最後にレースを運営されたヤタベアリーナのスタッフの皆様、今回参加された
選手の皆様、ありがとうございました。

スポンサーサイト

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

F1RCGP2012第1戦 上林選手レポ

2012年のF1RCGP開幕戦 スタジアムセイキへ参加してきました。

今年のチームメンバーですが、ALEX RACING Winnersは横井選手と山下選手の
組み合わせになりサードドライバーとして上林が参加、ALEX RACINGは日比野選
手と新しく加入した近藤選手の組み合わせとなります。
今回のレースは山下選手が不参加のため、横井選手、上林、日比野選手、近藤選
手の4名での参加となりました。

前日練習
昨年秋に発売したFRF011ですがプロトタイプで2戦参戦しましたが製品発売後
F1RCGP初レースとなります。

路面グリップがそんなに高くない状態でしたが練習が進むにつれ徐々に良くなっ
てきました。
そんななかセッティングを試しながらの練習となりましたが、リヤの安定感が必
要なためフリクションプレートのオイルは固めにして、フロントスプリングは
0.4mmを使用しました。
上林、横井選手はまずまずの状態、日比野選手はもう少しといったところでした
が近藤選手は初のスタジアムセイキに苦戦していました。
練習終了後、夜に懇親会があったため全員で参加してきました。
(飲みすぎました。心配かけた皆さんすいませんでした。)


レース当日

朝の練習走行はタイヤの慣らしと車のチェックをしましたが
特に問題なく車の調子はいいようです。

集合写真撮影、ドライバーズミーティングの後、予選が
スタートしました。

今回は、ローカルクラス26名、スケールクラス4名、F1クラス19名、
グランプリクラス26名で行われました。

予選1回目
グランプリクラスは4ヒートあり、2ヒート目での出走でした。
1回目終了後に組み換えがあるため、確実に走りきることを考え出走しました。
特に大きなミスも無く走り18周4分4秒でした。

1回目終了時は1位は諸橋選手18周3秒、2位富田選手4秒、3位横井選手4秒となり
ました。
上林は4位、日比野選手20位、近藤選手23位でした。


予選2回目
組み換えがあり最終ヒートでの出走となりました。
1回目より路面状況が良くなっているようです。
4番目スタートでしたが横井選手、富田選手の前でゴールでき、
ヒートトップの19周4分13秒でした。

2回目終了時は1位は上林19周13秒、2位諸橋選手18周1秒、3位富田選手2秒となり
ました。
横井選手はタイム更新できず7位、日比野選手、近藤選手はそれぞれ1周近くタイ
ムアップしましたが17位、23位となりました。


予選3回目
最後の予選ですが最初の組を見ているとグリップしていません。
急に路面コンディションが落ちたようです。
結局、トップゴールの諸橋選手でも18周10秒で順位の変動はありませんでした。


予選結果は、上林が19周13秒でポールポジションとなりました。
FRF011では初、自身にとっても2010年第2戦以来2年ぶりなのでうれしかったです。

2位諸橋選手18周1秒、3位富田選手2秒、4位加藤選手3秒、5位荻野選手3秒、6位
田村選手4秒、7位横井選手4秒、8位黒田選手5秒、9位中谷選手6秒、10位斉藤選
手7秒となり今回も接戦の予選となりました。

決勝
まずまずのスタートでしたが序盤はグリップ感が低く富田選手に追いかけられ大
変苦戦しました。
その後、他車との接触があり中団から後方グループに下がってしまいました。
レース中盤から後半にかけては車の調子はよかったのですが上位に追いつくこと
はできずにレース終了となりました。

優勝は富田選手、2位に斉藤選手、3位諸橋選手という結果でした。
横井選手は5位、上林は6位となりました。


最後にレースを運営されたスタジアムセイキのスタッフの皆様、今回参加された
選手の皆様、ありがとうございました。

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

F1RCGP 第11戦 鳥取大会レポ-ト

2011年のF1RCGP第11戦 鳥取へ横井選手と日比野選手が参加してきました。
 
参加人数はF1クラス25名、グランプリクラス14名でした。
 
予選1回目横井選手は、12周4分19秒で2位、日比野選手は、11週4分1秒で5位でした。
1位は黒田選手で12周4分18秒、3位は荻原選手で12周4分21秒でした。

予選2回目横井選手は12周4分18秒で1回目のタイムを更新するも3位へ後退、日比野選手も11週4分0秒とタイム更新しますが順位は変わらず5位でした。
1位は黒田選手で12周4分16秒、2位は中谷選手で12周4分18秒でした。

予選3回目横井選手、日比野選手ともタイム更新ならず、予選順位は3,5位となりました。
日比野選手は自己ベストグリッドです。

予選最終結果は1位は黒田選手、2位は中谷選手、3位横井選手、4位荻原選手、 5位日比野選手、以下蟻塚、森嶋、芳之内、島袋、永井選手となりました。
 
決勝 スタートして1周目に横井選手は2位、日比野選手は4位に順位を上げ、それぞれ前方の車を追う展開です。

レース中盤くらいにトップの黒田選手がトラブルでペースダウン、横井選手がトップに立ちます。日比野選手はミスで森嶋選手に抜かれ5位に後退、その後黒田選手をかわし4位に順位を戻しました。

横井選手はそのままトップでゴール、今シーズン2勝目をあげました。

日比野選手は、ゴールまで森嶋選手とのバトルとなりましたが0.2秒差で競り負け4位でゴールとなりました。
 
4位は自己ベストリザルトになりますが、あと少しで表彰台だったため大変悔しそうでした。

優勝は横井選手、2位荻原選手、3位森嶋選手という結果になりました。
また、F1クラスは兵庫から参加した吉牟田選手がFRF010を使用して優勝されました。

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

F1RCGP 第10戦

週末はF1RCGP第10戦がタムタム千葉にて開催されます。
今回は上林選手は都合によりお休みです。
横井選手が今季2勝目をかけて挑みます。
日比野選手もリベンジに燃えています!

シリーズ終盤、盛り上げるのはやはり我がチームしかいませんね!

かつかつしているように見えますが全くご遠慮なくセットやノウハウをおたずねくださいませ。

ピットでおまちしています。

F1RCGP第9戦 タムタム岐阜 上林選手レポpart2

レース当日のレポートです。

朝、8時ゲートオープンのため8時すぎに現地に到着。
ピットの準備をして受付終了後に練習走行を開始。
路面グリップはまずまずといった感じで特に問題なさそうでした。

集合写真撮影、ドライバーズミーティングがありいよいよ予選がスタート。

今回は、ローカルクラス3名、スケールクラス3名、F1クラス10名、
グランプリクラス19名で行われました。

予選1回目
グランプリクラスは4ヒートあり、2ヒート目での出走でした。
上位争いは19周での争いになりそうです。
1ヒート目にまず加藤選手が19周9秒を出しました。
山下選手も途中まで加藤選手と同じペースで走行していましたが
ミスにより後退、18週止まりでした。
2ヒート目は上林がトップでゴールし、19周8秒でした。
3ヒート目は横井、日比野選手が出走、横井選手が19周12秒、日比野選手は
18周1秒でした。
4ヒート目は黒田選手が19周7秒で総合トップになりました。

1回目終了時は上林2位、横井選手4位、日比野選手5位、山下選手12位でした。


予選2回目
祖父江選手と山下選手が19周をマークして順位を上げてきました。
2回目終了時の順位は、1位黒田選手、2位上林、3位加藤選手、4位祖父江選手、
5位横井選手、6位山下選手、7位日比野選手となり、チームメンバー全員が
上位につけることができました。

予選3回目
最後の予選です。
上林はタイム更新を狙って攻めていきましたが縁石に引っ掛けてコースフェンス
に接触リタイヤしてしまいました。
横井、山下選手はそれぞれタイム更新。
日比野選手は19周を目指しますが、18周0秒でゴールとなりました。

予選結果は、今回好調の黒田選手が19周6秒で初のポールポジションとなりまし
た。2位上林19周8秒、3位加藤選手19周8秒、4位横井選手19周9秒、5位山下選手
19周9秒、6位祖父江選手19周10秒、7位日比野選手18周0秒、8位斉藤選手18周1秒、
9位森嶋選手18周2秒、10位福島選手18周2秒となり今回も接戦の予選となりまし
た。

決勝のスタート前に空がだんだん暗くなってきて雨が降りそうになってきました。
レースが終わるまで雨が降らないでほしいところですが、念のため防水処理をし
て走ることにしました。

決勝
いいスタートが切れ、黒田、加藤選手とのバトルになりましたがトップにでるこ
とができました。日比野選手も好スタートを決め2位に浮上してきました。
トップのまま中盤過ぎまで走行しましたが2位に上がってきた加藤選手が追いつ
いてきてトップ争いとなりました。しばらく接戦となりましたがインフィールド
でインを取られ抜かれてしまいました。その後、追いかけましたがそのままの順
位でのゴールとなってしまいました。

優勝は加藤選手、2位上林、3位祖父江選手という結果でした。
チームメンバーは横井選手は祖父江選手を抜けず4位、序盤2位を走行した日比野
選手は6位、山下選手はミスなどがあり7位でした。


惜しくも優勝することはできませんでしたが、FRF011の実戦でのテストという面
では大変意義のあるレースとなりました。一刻も早くFRF011を発売できるように
がんばっていきますので期待していてください。

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

FusionRacing

Author:FusionRacing
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。